2010年3月13日土曜日

春の草花

ペンペングサ

ペンペングサってナズナなんだな~
両方ともよく知っている名前だったが、実物がどんなものか知らなかった。

[出典:Wikipedia]
ナズナ(薺、学名:Capsella bursa-pastoris)とは、アブラナ科ナズナ属の越年草。別名ペンペングサ(ぺんぺん草)。田畑や荒れ地、道端など至るところに生える。ムギ栽培の伝来と共に日本に渡来した史前帰化植物と考えられている[1]。
名前の由来は、夏になると枯れること、つまり夏無(なつな)から、撫でたいほどかわいい花の意味、撫菜(なでな)からなど、諸説ある。
ぺんぺん草やシャミセングサという別名がよく知られている。「ぺんぺん」は三味線を弾く擬音語で、花の下に付いている果実の形が、三味線の撥(ばち)によく似ている。


 

ペンペングサの由来はこの実の形から
 
Posted by Picasa